新着情報

小学生が『いのちの大切さ』について学びました。

講座名 : いのちの大切さ ~こころのバリアフリー~
講  師 : 坂本 倫章 氏
参加者 :  富山市立八幡小学校 4学年 19名

・児童は、総合的な学習の時間に「人にやさしい私達の町八まん~いろいろな人とふれ合おう~」というテーマで福祉の学習を行っています。視覚、聴覚等身体に障がいをもつ方の思いや生活の様子等にふれ、理解を深める学習を進めています。

 この講座で、坂本さんから「人はみんな違っていて当たり前だから、差別せずにいろいろな人とコミュニケーションをとっていくことで、みんなが気持ちよくくらす事ができる」というお話しを聞き、そのことの大切さを考えることができました。

           ~以上、八幡小学校 亀澤先生よりご報告いただきました。

◎講座の様子

      リーフレット


PAGETOP